ECサイト構築パッケージOpen-EC ECサイト構築パッケージOpen-EC
会社について BlastJについて パートナー コンタクト

BlastJ>>機能概要

機能概要Top

BlastJによる効果

動作環境

ソースの整理について

ビルドプロセス

グラフィカルプログラミング

JSPの文字コード対応

Struts拡張FW対応

EJBとの連携について


BlastJトップへ戻る

SEO機能付きCMS NEW
次世代WebDB開発言語Alinous-Core

ほぼHTMLとSQLだけでアプリケーション開発。
EclipseプラグインによるGUIデバッガ搭載
今すぐ無料ダウンロード


CROSSFIRE O/R
無料ダウンロード

WEB+DB PRESS VOL.27
BlastJ紹介記事連載掲載がスタートしました。
SoftwareDesign2005年6月号
BlastJ紹介記事が掲載されました。
JavaWorld2005年5月号のNews & ProductsのコーナーでBlastJが紹介されました
SIパートナー

業界TOPクラスのJavaエキスパートによる一括請負サービスを提供いたします。

採用のページはこちら
Webデザイン制作 Mer Design



ビルドプロセス


BlastJのビルドプロセス


BlastJは、hyperstruts.xmlから、xDocletタグの入ったソースコードを生成し、ソースコードから設定ファイルを生成するという2段階の生成を行います。
Strutsアプリケーションのビルド

独自にxDocletをantスクリプトで使うプロジェクトでも問題なし


HyperStrutsは、strutsフレームワークに関係する、struts-config.xmlとvalidation.xmlのみ自動生成するため、カスタムのantスクリプトを利用する際には、この部分の設定のみ重複しないようにすれば問題なく使えます。

Strutsフレームワークの拡張も自由自在


HyperStrutsは、xDocletを生成ファイルの生成の際に利用しています。xDocletはstruts-config.xmlの生成の際に、ソースコードのDocletタグから生成される内容とマージファイルというファイルの内容を結合して生成します。
Strutsフレームワークを拡張する際には、この、マージファイルにStrutsフレームワークのセッティングを記述することで、Strutsフレームワークを自由に拡張することが出来ます。


COPYRIGHT (C) 2005 CROSSFIRE JAPAN INC. All Right Reserved